銀行系カードローンと消費者金融系キャッシングの違い

お金に困った時、金融機関などからお金を借りる方法がありますが、その内の代表的なものとして、銀行系カードローンと消費者金融系キャッシングが挙げられます。 これらはいずれもお金を借り入れすることができるものですが、全く同じものではなく違いが発生しています。

特に大きなものとしては、金利の差と総量規制の有無を挙げることができます。銀行や消費者金融によって異なる場合もありますが、一般的には消費者金融系よりも銀行系の方が金利が低く設定されています。

金利が低いということは、返済総額が少なくなるというメリットがあるため、返済の負担を減少させたい場合は銀行系の方が良いと言えます。

総量規制は、簡単に言ってしまえば借り入れすることができる限度額が定められているということで、消費者金融系は総量規制がありますが、銀行系にはないという違いになっています。

その他の違いとしては、審査の通り易さを挙げることができます。一般的には銀行系よりも消費者金融系の方が審査に通り易いものが多いと言えます。

 

参考:お金借りる委員会【即日融資・審査が可能なカードローン】

 

金利の低さと限度額の大きさなら銀行系カードローン

銀行系のカードローンは、金利が安いメリットがあります。銀行系の金融機関では、銀行が運営に関与しているため、企業としても十分な体力を身に着けている状態になってきます。

潤沢な運営資金を元としているため、低金利で融資を行うことができるのです。 また、銀行系のカードローンでは、基準に沿ったうえで審査を行っていくため、返済してもらえる優良な顧客を掴むことができます。

ほかの金融機関と比べて審査基準を厳しくしていると、融資を行える人々は限られてきますが、逆に言えば返済してもらえる信用のある人にしか融資を行っていないため、低金利で借りることができたり、より大きな金額を借りていくことができるのです。

毎月安定的な収入を得られている方や、長年同じ会社に勤めてきた実績を持っている方は、この形のカードローンに申し込んでみるとよいでしょう。

融資を受けることで、高額を低金利で貸してもらえるようになり、金銭的に余裕を持つことができます。

審査の柔軟性と融資スピードなら消費者金融系キャッシング

審査に不安を持っていたり、早く融資を受けたい方は、消費者金融系のキャッシングを利用してみましょう。金融業者の中でも、消費者金融系は、審査に柔軟性があるため幅広い方が利用しやすくなってきます。

まず、毎月の収入があれば、パートやアルバイトとして働いている方も、審査に通ることが可能になります。パートなどの非正規雇用の方でも、安定的に収入を得られていることで、融資を受けることができるのです。

働いている中で生活費に困ったときに利用すれば、安定的に生活していけるでしょう。

また、消費者金融系の業者は、申し込んでからすぐに融資を受けることが可能になっています。ネットから申し込むことができ、その日のうちにお金を貸してもらうこともできるのです。

融資を受けるときも、口座に直接振り込んでもらえるのでATMに出かける必要なくスピード融資が可能になっています。パートの方や、とにかく早くお金を用意したい方も、利用しやすくなるでしょう。