自動車ローンの金利より安いカードローンがあるって本当?

自動車を購入する時に、中古車を視野に入れて考えますね。

新車は敷居が高く、どうせ購入したところで自分の名義なれば新車価格の半額になってしまうし・・・とかんがえると中古車を検討するのは妥当です。

しかし、国産の中古車は程度もよくハイレベルな車が多く並び、その価格も新車から少し安くなった程度と言えます。

そんな時は、購入費用をローンで考える人も多いと思います。

借入先は、銀行や保険会社、ディーラー、クレジット会社があります。どの商品もそれぞれ特徴があって、利用もしやすいのですが、今回オススメしたいのがカードローンの利用です。

カードローンで中古車を買う人が増えているって本当?

カードローンの特徴は自動車の購入ローンとは違い、様々な目的で利用できるところにあります。自動車の購入ローンは自動車の購入のためにしかお金を使うことができませんが、カードローンであれば購入した自動車のカスタム費用や数年後にやってくる車検の費用、維持や修理などの費用にも使うことができます。

自動車購入ローンはその場限りで、先の無いただ返済するだけの商品になってしまいますが、カードローンであれば先々も色々な目的で使うことができるというわけです。

また、気になる金利ですが、カードローンの方が金利が安くなる場合もあります。これは商品や審査を受けてみないと一概にいえないのですが、例えばジャパンネット銀行のカードローン(ネットキャッシング)の最低金利は2.5%です。

一般的に自動車ローンの金利は4%〜5%前後ですから、かなりお得に借入できる可能性が高いです。住信SBIネット銀行でも1.99%、イオン銀行だと3.8%です。

※2015年10月現在

先々のことも考えると、万が一の備えとしてカードローンを用意しておく方が賢いと言えます。

カードローンは上記で説明したとおり、車検の費用などにも使える以外に、生活費の補填や急な冠婚葬祭にも使えます。また、自動車ローンをディーラーなどで利用してしまうと、その後もしつこい営業をかけられることもあります。

ローンが完済したと思ったら、次の車をしつこくセールスされたりと、厄介なことも多くあります。

申込みが楽なのも、カードローンの特徴です。カードローンは最短即日で審査結果がわかり、申込みの時間帯にもよりますがその日のうちに融資を受けることも可能ですので、1日でも早く車を手に入れたい方にも向いています。

通常、自動車ローンを利用する場合、銀行ローンなら中古車販売店に見積書を作ってもらい、それに基づきローンの申込みをします。

審査には1週間程度かかる場合もあります。その後、車購入の契約をして同時にローンの契約も行います。それから納車となるわけですから、なんだかんだで2週間以上は納車までにかかってしまいます。

クレジット会社も銀行同様、審査などがあり、比較的審査に時間がかかりませんが、やはり納車までにはある程度の日数がかかります。

煩わしい手続きや金利負担、煩わしい営業など様々な点から考えると、見積書などの提出も不要なカードローンを利用しての自動車購入の方がお得だと言えます。

もしローンで自動車の購入を検討しているなら、車両代金や諸費用をカードローンで支払うことを検討してみてはいかかでしょうか?

続きを読む

お金を借りるなら大手銀行が運営しているカードローンがおすすめ

お金を借りたいと思った時、まず思い出すのがアコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融の自動契約機を思い出す人が多いのではないでしょうか。

消費者金融は審査も緩く、比較的利用もしやすく、自動契約機からの申込みであれば夜遅い時間帯でも深夜や融資をしてくれるので便利ですし、駆け込み寺のような感じもします。

大手消費者金融のアコムやプロミスも、アイフル、モビット、ノーローンなどは知名度もあり安心感もあります。

また、平成20年からの賃金業法の改正で、借入金額に応じてですが、上限金利が20%までに決まりました。なので法外な金利を支払う義務もなくなっています。

この時点で安心して利用ができると思いますが、やはり気になるのが世間の目です。

自動契約機や消費者金融の店舗などに足を運んでいるのを、家族や友人、会社の人や近所の方に見られてしまうと、いらない噂をたてられたり、内緒で借入してたい場合には厄介なものになります。

また、インターネットなどからも申込みもできますが、ローンカード発行の際には自動契約機に行くかもしくは郵送での受け取りになりますから、見られてしまう場合もあります。

となってくると、おすすめしたいのが銀行のカードローンです。銀行のカードローンなら、利用していることも知られにくいですし、安心感が違います。

メガバンクのカードローンでお金を借りるなら安心感が違う!

日本の3大メガバンクである、みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行でもカードローンは取り扱っていて、窓口で申込みもできますし、インターネットからでも申し込みができます。

銀行の窓口でカードローンを申し込みしていても、さすがに手続きの内容までは周りに知れ渡ることはありませんし、どうしても気になるようであれば、個室や端の席を希望するとよいでしょう。

また、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行・新生銀行では自動契約機も用意されていて、その自動契約機では通帳の繰越手続きなども行うことができるので、万が一目撃されたとしても「通帳の繰越手続きをしていた」などということも可能です。

大手銀行のカードローンを利用するメリットはまだまだたくさんあります。

消費者金融よりも金利が低めに設定されていることや、商品によりけりですがキャッシュカードにカードローンの機能をつけることができるのでローンカードが発行されないで、キャッシュカードでカードローンを利用ができる。などがあります。

そして最大の特徴としては「総量規制の対象外」だということです。総量規制とは年収の3分の1以上の貸付を行えない決まりなのですが、これが銀行の場合は対象外となります。

なので、収入のない専業主婦でも申し込みができるというわけです。

銀行によっては、専業主婦からの申し込みを断っている場合もあるので注意が必要ですが収入のない専業主婦が自分の名義で自分の信用情報だけで申し込みができるのは銀行のカードローンだけです。

このように、銀行のカードローンには誰にでも嬉しいポイントが多くあるので、これからカードローンに申し込みをするのであれば銀行の商品を検討してみてください。

続きを読む